ラグビー日本代表が強豪南アフリカに勝利したことで、
歴史的勝利を収めました。
昨日テレビ番組のひるおびを見ていたとき、
ラグビーをやりたいと考える子供が多くなったとか。

all out

そういえばラグビーに関係したアニメ、
ALL OUT!!がアニメになるということで、
うまく波に乗せればよいですね。

(個人的に熱い男同士の戦いを希望。
激しいぶつかりが多いほど、BLで盛り上がること間違いなし)

ところでラグビー日本代表の歴史的勝利を通し、
昔やっていたアニメ、けいおんを思い出しました。

 

けいおんによる軽音ブーム

けいおんというアニメはかきふらいさん原作の漫画であり、
2009年にアニメ化されております。
アニメで一気にけいおんがブームとなりました。

一挙放送で見たとき、女の子への細かい演出、日常描写の気配り、
仲間として男同士のような激しいぶつかり合いはなく、
適度に紅茶や会話を満喫し、さわちゃんに振り回され、
憂ちゃんの「姉をなだめる優しいお母さん像」
にどれだけ癒されたことか。

ui

「ああ、自主的に参加したくないけれど、
けいおんがもたらす気分に浸っていたいわあ

結果として、軽音部に入る生徒が多くなったといわれています。
もちろん良いことだと考えています。
アニメがきっかけで自分の人生がどう開くかわかりません。

けいおんがきっかけで音楽の道に目覚め、
そのあと有名なミュージシャンになったら、
けいおんというアニメが存在してよかったと思うのです。

ただ、その後やめた人たちも多いとか。
何しろ多くの人が求めていた軽音は「音楽」だけではない。
「音楽」にあわせて「けいおんがもたらす気分」だったのです。

放課後ティータイムのように、音楽をやりながら紅茶を飲んで休む。
別に大会もないから、部活でなくクラブのような感覚で行う。
しかし現実は違った。部活として大会があり、
そこに向かって真剣にやらねば優勝できない。

彼らは軽音というより「けいおんがもたらす空気」
にひかれていたのです。現実はアニメのようにいきませんねえ…

 

ブームになる秘訣

ラグビー日本と南アフリカ

けいおんもラグビーも、
必要条件として「伝説」を作ることです。

伝説、ラグビーの場合は強い者に勝利すること。
けいおんの場合はオリコンの音楽ランキングを塗り替えたこと。
一つ伝説を作った後はメディアが紹介してくれます

大騒ぎするため、気分が盛り上がるのです。
その気分にみている側が「夢」を重ねるのです。

かっこいい自分を重ねる。
そこから現実が動き出していくのです。

馬鹿にする気持ちもあるでしょうが、
同時に幾人かの夢につながる行動だと思えば、悪いことじゃない。

伝説を作るには「大きな目標」を認識すること。
到底勝利できそうにないものほどよいのです。
そこに試行錯誤を図り、多く仲間を引き連れて勝利する。

「大きな目標」は人それぞれあるでしょう。
そこに打ち勝つことが最も大切になります。

 

大きな目標の前にすべきこと

大きな目標を立てる前にすべきことがあります。
目の前のやるべきことをこなすのです。
とはいえ、何でもやればよいというものではありません。

「大きな目標」のために、今すべきことをやるのです。
大きな目標を立てると、たどり着く前に何が必要かが一つずつわかります。

人によっては大きな目標にたどり着くと、
今までの生活が変わることにより、恐れてしまいます。
結果、違うことをやりだすのです(私のように)

そうならないために、今すぐやるべきことに向き合っていきましょう。

 

結び:どこまで続く、ラグビーブーム

ラグビー選手お疲れさまでした。
しっかり休養を取りながら戦略を練りたて、弱点を補強し、
次こそは優勝を狙ってほしいものです。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket