ラブライブ

ラブライバーの熱い語りは面白い。
(ラブライバーとはアニメ「ラブライブ」において実在するファン)

昨日、文化放送「レコメン」において、
4人の有名ラブライバーがそれぞれのラブライブ熱を語りました。
聞いてて心がウキウキになり、久しぶりに寝れない日を過ごしました。

私はラブライブのアニメを見ただけの人間です。
グッズやCDなど、何度も聞くような人じゃありません。

彼らの語りを聞くと、
「ラブライブってこんなに面白いんだ(o^∇^o)」思うに違いありません。
彼らの話を聞いていて「魅力の付け方」に気づかされました。

 

私が思うラブライブの良さ


※ ランティスさんが30分で1期をまとめました

ラブライブで私が覚えている場所といえば、
最初1期1話のEDで踊るところ。

当初、「なんだ、カクカクしたCGかよ」と冷めた意見が多かった。
(このころは今のように大きく盛り上がるとは思っていない)


※ ラブライブを見始めた当初はこういうのを期待していたっけw

私はプリティーリズム(プリリズ)シリーズで、
ショー演出をしていた方が監督を務めるということから、
見るようになりました。

アニメ自体、神ラブライバーのように覚えているシーンは少ない。
私が震えた場所はスノーハレーションのライブ。

スノハレ

穂乃果のこの表情がグッとくるんです。
可愛いし、これまでの彼女たちのスクールアイドルが詰まっている。
アニメでよくこのような表情を出せたなあと感心します。

ラブライブはCGと手書きをうまく混ぜているところもよい。
よく見ればCGと手書きの差がすぐわかる。
動き方が少しだけ不自然に感じるのがCG。

こちらは当初、最後まで争うかと思われたA-RISE。
彼女たちはすべて手書き。μ'sよりも良いと思った。
(すべて手書きなのはμ'sとの差を感じさせるため)

 

レコメンの神ラブライバー

レコメン

昨日(2015/8/26)文化放送で神ラブライバー4名、
キスマイの宮田俊哉君、スノーマンの佐久間大介君、
芸人の向清太朗さん、そして声優の寺島拓篤さん。

細かいところをよく見ているなあと感心。
よかったシーンを上げると、寺島さんが細かい解説をつけ、
別の音楽番組では宮田君がラブライブのワンダフルラッシュを踊る。

佐久間君の「にっこにこにー」「ああ、きた(女性声)」
ジャニーズファンが佐久間君に言いそうなことを、
アイドル佐久間君が言うおかしさ。
向清太朗さんがちょっとドン引きするような部分……。

彼らは「暗号」のような形でラブライブを語っておりました。
「わからない人」からするとついていけないんだけど、
ラブライブを1期2期きちんと見ている人からすると、

「ああ、ここだねここ」
「うわあ、わかるw」


※ 寺島さんの細かさはこれを聴けばわかるw

彼らが楽しくて熱くて、営業でないマニアックな趣味話に、
聞いている私がいつの間にか涙を流していました。

ジャニーズ芸人声優隔たりなく、一人のファンとして語る姿。
にわかでなく、ガチと周りが認めるくらい細かい描写をありありと話す。
文章にするとすごいですね(汗

 

魅力のつけかた

魅力、言葉にすると簡単です。
人の心を引き付けて離さない不思議な力。

暴走していた宮田君と寺島さんを聞いて、
「ああ、魅力ってこういうことなのかあ」感じたのですね。

魅力を出す方法としてはまること。
細かすぎるところで感動して人と分かちあえることです。

でもそれだけじゃ足りない。
彼らはある意味自分の恥ずかしい部分をさらしているわけです。
周りがラブライブで語れる仲間ならそうは思わない。

しかし、周りがラブライブに全く関心がない人たちなら
「この人と距離置いたほうが良いかも……」

恥ずかしい部分をさらけ出し、
楽しく語るには自分をなげうつ覚悟が必要です。

「そんな部分に覚悟って必要あるの?」
あるのです。恥ずかしさは失敗することで味わうのと同時に、
誰にも知られたくない「面白さ」をつい、さらけ出してしまう。

みんなの前で、友達の前で、子供の前で自分の性癖をさらす。
これと同じ感覚なんですよね。
でもさらすと一気に世界が変わり面白くなると思います。
(同時にドン引きされますが)

面白くおかしく楽しく和気あいあいと話をする。
深く愛するからこそ、作品の良さを出し惜しみすることなく語る。
それが魅力につながり、面白さにもつながっていくのですね。

・はまり、何度も見て良さを味わう
・恥を恐れない

相手を引き込むほどの魅力とはこういうものかなあ。
と、考えてしまいました。

周りがドン引きしても良いのです。
むしろドン引きしていたのに、気づいたら盛り上がっていた。
「面白い部分」を説明するうまさと情熱がないと、
相手を引き込めないのです。

 

終わりに

聞いていて楽しすぎた。
同時にラブライブに熱く語る彼らに敬意を持ってしまった。

ラブライブスペシャルに出演した方にはご発展をお祈りしつつ、
ラブライブサンシャインはどうなっていくのか?
黙ってみていこうと思います。

なお、ラブライブスペシャルを聞くならこちらの動画を再生しましょう。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket