岡本太郎さんの言葉付き画集、「歓喜」を購入しました。
イラストを見ると、「怖くて力がある」の一言です。
私が岡本太郎さんの絵を見て感じたことを書いていきます。

 

不気味で怖い

岡本さんの絵

怖い、不気味、何をしたいのかよくわからない。
なのに、主線の太さやはっきりした色、
不気味なほどの力強さから感じる畏怖。

岡本太郎さんの絵を鑑賞したかったというより、
彼の生き方を自分も重ねてみたいという気持ちが強い。


歓喜 (Art & words)

アマゾンレビューを読みますと、

彼の言葉からは常に元気をもらいますが、
彼の絵もエネルギーがほとばしっていて凄いの一言!

体中が腹の底から「カーッ」と熱くなってくるのを感じた。

こういったレビューは岡本さんが述べている文章を読むと、
十分に納得できるのです。
岡本さんの絵をあじわうなら、この本はなるべく読んでおきましょう。

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)

 

戦う、自分にも世間にも

岡本

私は岡本さんのような生き方に惹かれるものがあります。
一言で言うと危険な生き方です。覚悟も必要になります。

人生、平和に見えて実は絶えず見えない存在と争っている。
「見えない存在」とは自分の理想や怠惰であり、
なるべく理想を歩くには、覚悟を持って怠惰な誘惑を断ち切り、
ひたすら理想に向かって歩んでいかねばなりません。

 

岡本太郎の名言・言葉

岡本彫刻

名言集はこちらのサイトに載っています。
 

この中で、自分に取って救われた、
魂を揺さぶった部分を拝借します。

芸術について

今日の芸術は
うまくあってはならない。
きれいであってはならない。
ここちよくあってはならない。

岡本さんは芸術に関して、美を表現するものよりは己を表現するもの。
己の内面にある「深層」を絵という形で表現しています。

深層はきれいな部分よりは汚く淀んでおり、力強さが現れています。
力強いものを引っ張ってくることで、
初めて自分の人生を見つめなおすきっかけにつながるからです。

芸術は自由です。傾向と対策で人気を得る大衆向けもあります。
だが、岡本さんはそういったものに立ち向かい、
侘び寂びなんて知らねえよ。俺は俺の道を進む。
実行し、無秩序で不気味な絵ばかりが生まれました。

 

生き方について

己自身と戦え

岡本さんがフランスにいた頃、決意した言葉。
これ以降、岡本さんは日本の芸術感性と違う部分を突き進みます。

その生き方を知った人はショックを受けるそうです。
そりゃ自分とも戦うし、他人とも戦う。
言葉で言うのは簡単だけど、
実行するとなると色々な誘惑が押し寄せますもんね。

 

終わりに

岡本さんの彫刻や絵を見直すと、本当に不気味。
でも彼の人間性には危険ながらも惹かれる部分があるのです。


歓喜 (Art & words)

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket