LINEで送る
Pocket

私はキシリトールガムとブルーベリーガムを良く噛んでいます。
もちろん、2つ一緒に口の中に入れるわけではありません。

ただ、状況によって使い分けをしています。
今日はキシリトールガムとブルーベリーガムの違いについて
書いていきます。

 

キシリトールガム

キシリトールガム

歯に良いガムです。
私は食後30分ほど、必ずこのガムを噛んでいます。

私が噛んだ感想として
・喉や唇が渇きやすい
・歯がざらざらしている
・唾液がたっぷり
・だんだん固くなる

他の方が噛んだ感想は

「3歳の孫が歯磨きを嫌っていたのですが、
ガムを噛むことによって、歯磨きをするようになった。
噛んでから1年たつけれど、虫歯はない」

「お腹が緩くなって、便秘解消につながり、
間食の代わりとしてダイエット効果も」

(アマゾンカスタマーレビューを参考に、
読みやすいよう編集しました)

 

ブルーベリーガム

ブルーベリー

甘く、キシリトールに比べると柔い感じがします。

他に気が付いたことは
・喉が渇きにくい
・唾液はそれほどでない
・噛めば噛むほど柔くなる感じ

外出する際は必ず買うようにしています。
口臭対策につながるからです。
ブルーベリーの甘い匂いが個人的に気に入っています。
(人によって不快と感じる人もいるので、
誰かに向かって『ふあ~~』っと息を放ちませんよ)

カスタマーレビューを読んでいると、
「コンタクトレンズで目がしょぼしょぼしたのだが、
ガムを噛むことで急に目がよく見えるようになった」

とのことですが、これはキシリトールにも言えますよ。

 

違い

loop

歯に良いガムはキシリトールです。
糖分が含まれていないため、虫歯になりにくいからです。

しかし、キシリトールは喉が渇きやすい。
外出中に噛むと、飲料水が欲しくなるんですよね。

だから、外に出る前に喉が渇きにくいブルーベリーガムを噛みます。

 

終わりに

ガムを噛んだ後、なるべく歯磨きをしたほうがいい。
歯がざらざらして嫌なんですよね。

また、ガムを比較するに当たり、
昔よく噛んでいたロッテガム、
ふーせんの実を久しぶりに味わいました。

ガムを膨らませて、風船を作るのはいいのですが、
甘すぎて、私の口に合わなくなりましたね。

年を取ったんだなあ……。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket