LINEで送る
Pocket

第三者に自分の意見をきちんと伝える場合、
数学が役に立ちます。

ちょっと工夫すれば、
相手に物事を伝える力が上がると確信します。

 

優先度の高いものが先

ケーキ

例えばケーキを食べました。その時、こんな質問が出ます。

「ねえ、そのケーキどこで買ったの?」

あなたはどう答えますか?
「そりゃクレール(お店の名前)だよ」

まず、買った場所を答えますよね?

「夢路6丁目にあるクレールだよ」
先に住所を伝えるかもしれませんが、
この中で優先度が高いのはどちらでしょう。

・夢路6丁目(住所)
・クレール(お店の名前)

私はクレールの方が高く、夢路6丁目は低いと考えています。
理由として、クレールは場所が特定しやすいのですが、
夢路6丁目は範囲が広く、特定しにくいからです。

この話を踏まえたうえで、
数学の問題からどうやって伝える力を鍛えていくか。
お話をしていきます。

 

普通に解く

まず、問題文を見てもらいます。
(問題文引用はここから)

問題

普通に解く

まず、問題を解くために何をすればいいか。
どんな条件が必要かを検討した後、答えを導き出します。

この場合は鉛筆とボールペンが分からないので、
とりあえず未知数を定めます。

その後、情報を整理して(計算して)
問題を解き、答えを出します。

 

相手に伝える

説明

先に答えを書いた後、必要な情報だけを記述します。
数学の答え方と大きく違うのは、先に結論を書くことです。
優先度の高いものが先、低いものが後になります。

出題者は「鉛筆とボールペン、それぞれ何本買ったの」
と、尋ねているわけです。
すなわち、優先度は鉛筆とボールペンの数ですね。

だから、まずは本数(解答)を答える。
その後、本数に至った理由を説明していきます。
それが解法の流れになります。

先に優先度の高いものを伝えると、
「最後、どうやって書いたらいいんだろう」
と、結論について悩んでしまう場合があります。

「方程式を立て、解きます。
すると(ここに計算展開をする)、鉛筆が~」
と、書いたっていいんですが、別に書かなくてもいいのです。

出題者が最も聞きたいことは一つ。
「鉛筆とボールペンの数」なので、それを先に答えたら
後は「なんでその数になったのか」を伝えるといいのです。

きっちり説明してもいいし、簡単に伝えるだけでも構いません。
読み手が「わかった、そういうことね
と、納得してもらうことができれば、それでOK。

 

終わりに

ある数学の講師がこうおっしゃっていました。
「数学は論理的思考を育てる科目だ」

しかし、伝える力は普通に数学をやっているだけでは伸びない。
そう私は考えています。

数学を使って、相手に物事を伝える訓練をする場合、
まずは自分で問題を解き、仕組みが分かったうえで伝えること。
自分が分からないものをいくら相手に伝えようとしても、
意味不明な文章になってしまいます。

これは教科書や参考書をリサーチしながら、
自分で調べたり、先生や知恵袋で相談することによって、
解決するでしょう。

伝える力が伸びると、相手の意見に対して深く考え、
矛盾に気づき、反論することができます。
また、相手が何を求めているかが分かることで、
必要なものを差し出すと、気に入られるように^^

お互い、頑張って伝える力を伸ばしていきましょうね。

 

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket