LINEで送る
Pocket

昨日まで立ち絵一つに手間取っていました。
というのも吉里吉里とあるところが大きく違うからです。

三人を並べるのですが、間隔がどうしてもくっついてしまう。
ということでどうすればいいのかについて覚書。

irasuto

ちなみにサイズは960×640です。
 

コンフィグファイルをいじった

Config.tjsファイルにおいて

// ◆ 前景レイヤの左右中心位置指定
// +———+
// |         |
// | |  |  | |
// | |  |  | |
// +———+
// image タグあるいは img タグの pos 属性で指定する前景レイヤの 位置名 (
// left や lecft_center など ) とそれぞれに対応する 中心位置 ( x 座標 ) を
// 指定します。;scPositionX.位置名 = 中心位置; の形式で指定します。
;scPositionX.left = -400;
;scPositionX.left_center = -200;
;scPositionX.center = 100;
;scPositionX.right_center = 200;
;scPositionX.right = 400;

と設定をしました。でもこれで移動しなかったので、前景レイヤでこうとりました。
ちなみにティラノスクリプトのHPのここを参照しながら行います。

一応参考になるなあと思ったら一度、メモ帳を開いてコピーすることをお勧めします。

 

[macro name=hit0]
[chara_show name=”%fn” layer=0 page=fore visible=true ]
[endmacro]

[macro name=hit1]
[chara_show name=”%fn” layer=0 page=fore visible=true left=-300]
[endmacro]

[macro name=hit2]
[chara_show name=”%fn” layer=0 page=fore visible=true left=300]
[endmacro]

(下の記述は前景けし)

[macro name=kit]
[chara_hide name=”%fn” layer=0 ]
[endmacro]

 

これはマクロファイルです。ティラノだったら自分で
macro.ks を作ってもいいし、tyrano.ksでやってもよし。
ここで大切なのは  left=-300 という部分。

すなわち、座標です。
座標を第二象限こと負のX座標設定にしなければ、キャラ同士がくっついてしまいます。
もちろんキャラを左に位置させたい時に、マイナス指定を行います。

このスクリプトで実際に立ち絵として表記するには

 

[hit0 fn=千鶴 ]
[hit1 fn=伝読 ]
[hit2 fn=奈々子 ]

 

といった形で、数式のように代入しながら、前景を消す場合は
 

[kit fn=千鶴][kit fn=伝読][kit fn=奈々子]

 

こうして、マクロファイルに組み込んだものを入れていけばいいだけです。
基本、文法からHTML編集のようにやるので

[chara_show name="miku"]

といった形で、 chara_show name を入れるのが面倒なうえ、長い。
そこでなるべく短くてきないかなと思って、マクロ記述をやってみました。

ちなみにこれを忘れてはいけません。

[chara_new name=”千鶴” storage=”千鶴制服普通.png” jname=”千鶴”]

キャラ登録しないと、表示されないので、きっちりやっておきましょう。

 

ティラノフォルダに人物を入れる(2015/10/4)

ティラノスクリプト立ち絵

ティラノスクリプトで立ち絵表示する場合、
tyrano.ksファイルに対し、上記のやり方で入れます。

[chara_new name=”千鶴選手” storage=”kurusu/chizuru_pl_h.png” jname=”千鶴”]
;[chara_new name=”千鶴練習” storage=”kurusu/千鶴練習普通.png” jname=”千鶴”]
⇒ティラノスクリプトにおいて、storage="日本語名"を入れるとエラーが起きる。
storage="japanese.png"と、ローマ字に変換すること

以下、コピペしてお持ち帰りください。

[chara_new name=”(人物名1)” storage=”フォルダ/画像ファイル.png” jname=”(人物名1-1:なくても可能)”]

詳細はティラノスクリプト公式ページを確認してね

続いてmacro.ksファイルに記述ようそっを省略するタグを入れます。

人を出す場合
[macro name=hit0]
[chara_show name=”%fn” layer=0 page=fore visible=true ]
[endmacro]

人を消す場合
[macro name=kit]
[chara_hide name=”%fn” layer=0  time=1000]
[endmacro]

人を変える場合
[macro name=fit0]
[chara_mod name=”%fn” storage=”%fe” layer=0 page=fore visible=true time=100]
[endmacro]

最後、人を出す場合はシナリオファイルにて

はじめに人を出す
[hit0 fn=(人物名1)]

途中で同じ人の表情を変更する
[fit0 fn="(人物名1)" fe=(ファイル名).png]
例:[fit0 fn=”奈々子” fe=asuya/nanako_s_egao.png]

人を消す
[kit fn=(人物名1)]

以上のように参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket