QK

 

子供が描いたであろうというイメージで書いた絵。
いやあ、人体デッサンをやっているとなかなか子供のデッサンの狂った絵を描く。
ということ自体がちょっと難しいなあと感じます。

子供の描いた絵って大人から見ると結構怖いものもあるのですが、
子供からするとすでに脳みその中では「理想の目標」ができている。
ただ、技術が追い付いていない。

実際、勉強はここを埋めるためにするとわかった時、
今まで受験勉強がただ辛いものだったなあという気持ちはどこかに飛んでいき、
むしろ理想と現実の技術差を埋めるだけなんだ、面白いなあという気持ちになりました。

 

さて、私は基本、二種類の気持ちで書いています。
一つは何も考えないで書くこと。これはぐーだらなものしか書けません。
ぐーだらというか、筆がなかなか進まないのです。

一方めちゃくちゃ進むのが「自分のどこと向き合うか」
それを明らかにしたときです。

「自分のどこと向き合うか」というのは心理的な問題、精神的なトラウマ。
そういった自分にとって一刻も早く解放されたいと感じている部分。

 

例えば私は作品を出すということは、いろんな批判も甘んじて受けること。
時にはそれが行き過ぎてストーカーまがいまでいってしまうのではないか。
そういった得体のしれない恐怖に一時期襲われていました。

結局人から「俺のことなど知らないくせに勝手なことぬかしやがって」
という体験が怖くて仕方なかった。世に出ると少なからずこれは味わいますよね。
で、なんで怖いんだろうかと色々問いかけたっけか、数日かけて出た答え。

 

それは「私自身がこの問題に縛られて、向き合うことから逃げているため」でした。

 

だからこそ、自分の一番得意分野を通して、その問題に真正面から向き合っていく。
私の場合は作品を書くことですね。すなわち、仕事をするということですね。
だから、仕事は結局、自分の殻を破っていくことが第一目的になります。

そこから見ると、商売もお客様を通して自分の固定観念を外していくことであり、
同時に自分が今、与えられた課題を通して、自分のトラウマにがっつり向き合うこと。
そしてトラウマを克服すること。克服するときは必ず、成功した時です。

少なくとも、自分で成功だと感じたときです。
他人からあーだこーだ言われようが、自分でここはうまくいった。
がっつり気合が入った時、それはトラウマを一つ乗り越えたことを意味します。

 

ということで、何が言いたいかというと、あなたは今何かに向き合っています。
それは学生なら勉強で焼死、趣味でしょうし、音楽や芸術活動。
そして社会人なら仕事でしょう。
で、今自分がかかわっているものをすべて見つめ直していきましょう。

そこにどんなトラウマがあるでしょう?
いや、何がトラウマ、辛いなあと感じているでしょう。
そこを見つけたらノートなどにきっちりトラウマと感じるところを書いていきましょう。

そうすると、仕事において何を目標にすればいいかわかってくると思います。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎
ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。 雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。 0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい 3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる 8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。 12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。 18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった) 21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける 27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。 28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。 29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。 自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。
Pocket