LINEで送る
Pocket

人は脳と目があります。
で、同じものを見ているのに、考え方次第で観る対象が変わります。
例えば円柱があります。

 

円柱は上空から見ると円ですが
側面から見ると長方形です。
これはわかりやすい話ですが、昨日書いてみようと思いつきのまま
書いたのがありまして、それが見る世界です。

Aちゃんからすると、見ている世界は普通です。
しかしB君からすると地獄風景に見えて
Cさんからすると天国に見えるのです。

これらの違いはどこから来るのか。
観ているものは一緒なのに、なぜ脳がそう映るのか。
ちなみに私の場合、推測できるものとして今まで自分が何を学んだのか。

という勉強が原因の一つだと思っています。
例えば私が物理を勉強していたとします。

そしたら車を運転している時、前の車が自分の車を追い抜かす。
で、ここで物理を勉強していない人からすると

「あ、追い越した」だけです。

しかし物理を勉強すると人によっては
「相対速度はいくらなんだろう」と、物理の視野を参考に考える。
結果として、物理の視点から車の追い越しという行為を見ます。

 

ということで勉強したものがまず一つ。
次は精神です。これはどう感じたか。

車の追い越しに何も感じない人と「あの野郎」と感じる人。
これの違いはどこから生じるのでしょう。
結論は普段自分がどんな気持ちで生きているか。
そこにあると思っています。

そこを見て、何かを作っていこうと思っています。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket