LINEで送る
Pocket

飛行機から

ども、しゃしゃ。ある中小企業の社長が取引相手に述べた。
「今の若者が育たない、頑張らない」

取引相手は「給与を上げたら? 若者は心よりお金で動く」
(残業代や賞与は出していない) すると、取引を切られてしまった。

そこでリスクとリターンの話をしていきたい。

 

賃金を上げれば売り上げも上がる

引用先を読むと、投稿者がほかの会社にも同じ忠告をし、
取り組んでもらったところ……年商が1億弱上がった。
社員が定時内で全力で作業してみんな残業しなくなった。

ツイートを流したところ、多くの人は社長に批判が集中した。
私も会社の状況や社長の立場が分からなければ、
同じように批判していただろう。

引用:「若者が育たない、頑張らない」と悩む取引先の社長

 

リスクを取る怖さ

社長の立場になると、お金をなるべくかけないで利益を出す。
商売によくある考え方を持つ気持ちもわかる。

できるならリスクを取らずにリターンを得たいもの。
しかし、世の中はリスクを取って真剣にやらねば、リターンも見込めないようだ。

あるいはこの社長、一度リスクを背負って挑んでみたものの、
見事にリスクを抱えてしまった。
「リスクがリスクを招いた」体験を通し、
投稿者の言葉に「危機感」を抱いたのではないか。

投稿者は第三者であり、会社業務に携わっていない。
社長からすると「うちの会社をよくわかっていないくせに」
と、思ったんじゃないかなあ。

 

リスクって何だろう?

社長になる人以外「リスク」など無縁な言葉かもしれぬ。
けれど、買い物をする際や結婚相手を選ぶ際など、至る所や場所で「リスク」はある。

リスクがあれば必ずリターンもある。
しかし、リターンは自分で気づかねばならぬ。
多くの場合、リスクだけはすぐ出てくるんだ。でもリターンは「感謝」しないと出てこない。

やり方は簡単。例えば嫌なことが起きた。その際、嫌なことばかり目を向けがちだ。
でも「嫌なことが起きたから○○に気づけた、ありがとう」
と、感謝する方向に考え方を変えてみよう。

すると、世の中はリスクの中から次の成長に必要な課題がわかる。
会社員の給与を上げた社長はリスクを先に取った。
おかげで「お金を上げれば社員の能率も上がる」リターンに気づけた。

 

リターンに気づく訓練を

しゃしゃもこの先、より良い未来を築きたいなあ~思うなら、
リスクだけでなく、感謝をしてリターンに気づく癖をつけよう。

リターンに気づいたら、そこを元に新しい事につなげられないか?
疑問を問いかけると、未来につながっていくと考えるよ。

リターンはほとんど後付けであり、やる前は気づかない。
でも気づいたら次に生かすための考えとなるよ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket