LINEで送る
Pocket

昨日は一気に4時間かけてひたすら原稿に向き合っていました。
調子のいい時は結構健康がおろそかになります。

疲れても止まらないアイディアと話の展開。
個人的にやめようと思って何度か筆をおいたにもかかわらず、
すかさずこういう展開にいけというものが降ってきて
それに従って書いていました。

 

ということで筆が進むときはやっぱり、肝があるときです。
どんな作品だろうと肝心なものがないと、だらだらになります。
反対に「テーマ」を一つ見つけること。

すなわち作品を通して自分自身が抱えている問題を
作品内でどう解決していくのか

そしてその解決をさらに抽出して自分自身が今、
向き合う問題、未来に向き合うであろう問題に対して
どう折り合いをつけていくのか。

一言で言えば、作品を通して自分で自分の病気を治している
といったほうがいいのでしょうか?

ただしそういうときほど普段使わない部分を動かさないと
どうも体に負担がかかって悪影響を及ぼします。

実際昨日は力をかけすぎて同じ姿勢でずっといたために
腹が痛くてたまりませんでした。

なのでそういう時は時間を決めて体を動かすといいな。
ということが昨日反省してわかりました。

 

それにしても作品はまず、自分自身のために書く。
というスタンスで来ているせいか、書きやすくてたまりません。
ただし同時に自分にとってストレスともなる記憶がよみがえり、
時々うなされたまま書きました。

 

嫌なことってなるべく忘れたいのですが、
そうは問屋が卸さないようです。
それはそういったものほど乗り越えていけば、
強くなるということを知っているからでしょう。

知っているというよりは悟っているといったほうがいいのですが。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket