LINEで送る
Pocket

私が3年前に書いた記事を読んだとき、
「自分は何が言いたかったんだ」と、思ってしまいました。

はじめ、自分の文章を知り合いから指摘されたとき、
「お前は何を言っているんだ?」

と、思ってしまったのですが、
(今読むと、恥ずかしい限り)

今も継続して、文章修正に取り組んでいます。
その中で、ブログ記事の書き方によって、
復習として効率がいいことに気付きました。

 

自分のミスを授業する

あり

私が第三者から指摘されたこと。
また、自分で気が付いたこと。
ここらをブログ記事にあげていきます。

一つ例を出しましょう。

 

あまり無駄な短縮はしない。

「~ことも…」よりも
「~こともあります」の方が自然でいいです。

本当に注意を引きたい時、
…で短縮するようにしてください。

 

実際に編集者から指摘された部分です。
これはノートに記述すれば済む話ですが、
ここをテーマにしてブログ記事に書いてみる。

その際、授業を意識するといいでしょう。

 

「……」はどういう時に使うといいのでしょう?
ズバリ、読者に注意を引きたい時です。
むやみやたらに使うと、
「書き手は自信がないのかな?」と、読み手が感じます。

時々、小説で「……」を多用する文章を見かけます。
そこに感情がこもっているのはわかるのですが、

「ちょっと省いてもいいんじゃないの?」
読んでいる側が疲れてしまいます。
だから「……」は「いざ」というとき使いましょう。

 

このような感じで、ブログ記事にしていくのですが、
記事にする場合、読み手をきちんと考えるようにしましょうね。
先生が、生徒に教える形を意識すること。

伝えるコツは常に5W1Hを頭においておきます。
特に「何が? 何を」を意識すること。
一番言いたいことは何か? 問いかけて、
答えることができなかった場合、書き直しするように。

 

ミスを調べる

土

自分がやらかしたミスは検索サイトを使い、調べます。
すると、求める情報が出てきます。

(注意 検索するとき、キーワードを入れます。
入れたからと言って、あなたが知りたい情報が出るとは限りません。
注意してくださいね)

出た情報をメモしていくと、
道具の使い方を強く意識し、ミスを減らすことができます。

「……」は三点リーダーと呼び、この使い方を検索で調べたのですが……
なかなか知りたい情報が出てきませんね。

三点リーダーは「いつ、どこで、どんな時」に使うといいのか?

ちなみに私が今使った部分、
「この使い方を検索で調べたのですが……」

これは気持ちをこめています。
「期待を込めて調べたんだけどねえ」
この気持ちを表すために、「……」を使いました。

この使い方が良いか悪いかわかりません。
しかし、使うとしたらきちんと「狙い」を考えながらやるように。
でないと、わけが分からない文章になってしまうので。

 

終わりに

ミスしたところは基本、見直すことで、
繰り返し間違いを行う確率が減ります。

私の場合、より間違う確率を減らすため、
ブログに記事を書いてあげています。
上げる際、人に説明しながら、未来の自分にも説明する。
同時に過去の自分にも伝える。

結果、大きく成長すると確信しています。
ブログ記事を書く際、自分が他人から指摘されたこと。
また、自分自身が気が付いた間違いを記事にしてみると、
色々なものを得ると確信しています。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket