LINEで送る
Pocket

文化の差、親子の差、年の差を感じさせるネタを一つ。
私と娘はファッションに関し、好みが違います。
娘はデコレーションが付いたものを、
私は一色だけで地味な色が好きです。

 

娘が好きな服

娘が好きな服

娘にとって好きな服は「可愛い、セクシー、ステキ」なもの。
ステキの中身は「ビーズがついている、ハートが大きい、
フリルや刺繍があり、英語のロゴが可愛くかっこよい」

娘は「パーティーで踊る姿」をイメージしています。
きらびやかな場所で着る服を想定している。
だから可愛くなければならない。

 

私が好きな服

ユニクロ

私が好きな服は地味なもの。
地味で一色しかないものです。
なぜなら力強いから。自分が後押しされている気分になります。

デコレーションもなく余計な複雑色もないため、
一つしか見るところがない。
同時に何物にも染まらぬ、ほかの力を借りぬところがあり、
強さがあふれているのです。

娘と私の違いは
娘:パーティーを想定したきらびやかなもの
私:自分を後押しする力強いもの

 

服を描くときに気を付けていること

千鶴ちゃん

ティラノスクリプトにおいて衣服を作る場合、
基本は街を歩いて男女のファッションに目をやりながら、
「着せ替え」ごっこを行っています。

単なる着せ替えでなく、
「この子はおしとやかだから、
おしとやかで上品を考えた服がいいな」

テーマを決めて、その子が喜びそうな服を着せ替え感覚で選び、
参考資料として外に歩いてファッションを確認したり、
ネットで検索してスタイルを見ていったり……

 

ゲームの世界における衣服

うーーたん
※うーたんみたいなキャラも一応立ち絵として成り立つ

ゲームの世界だと、服は一種類しかないのか?
突っ込んでしまう状態が起きるのです。
記号としては覚えやすいのですが、
人間として考えると、様々な服を着せていろいろ見せてほしい。

制服は楽です。一度制服を決めて描いた後、
表情をいくつか描けば立ち絵の面倒さを省けます。
学園者が多い理由の一つはそこだと思うのです。

後、スーツも楽です。
たいしたバリエーションがなく、色やテクスチャを変えればよいだけ。
女性がちょっと面倒かなと思うのです。

 

終わりに

娘と私の服に対する考え。面白いわあ。
ファッションセンスを身に着けるなら、テーマを決める。
自分はどんな風に生きたい、見られたいか?
そこがわかれば、後は「これいいな」と思ったものを着る。

単純でよいと思います。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket