LINEで送る
Pocket

数学に必要条件と十分条件という言葉があります。
ここを深く突き詰めると、社会に応用できることがわかりました。

 

必要条件と十分条件

必要十分

画像元:必要条件と十分条件の使い方

命題「PならばQである」とき、
P⇒Qを十分条件 Q⇒Pを必要条件 と呼びます。

2つの条件について、1つでも反例があれば否定されます。

例えば、「XY=0ならば、Xは0である」という命題に対し
P:XY=0 Q:X=0

P⇒Q 確かにX=0だと、XY=0になる。
しかし(反例):Y=0の時もXY=0になり、成り立たず
Q⇒P X=0だとYにどんな値を入力しても、XYが0になる

よって必要条件だけど、十分条件ではないのです。

 

十分条件が必要条件になる時

直筆原稿だ

現実を見渡すと、自分の夢を叶える事に対し、
必要条件とおくか、十分条件に設定するかによって、
生き方が大きく関わってきます。

例えば作家になること。
作家になるためには、原稿用紙に言葉を書く必要がある
P:作家になる
Q:原稿用紙に言葉を書く

反例は思いつくでしょうか?
私が思いついた反例は

P⇒Q 代行者に任せれば良い (ゴーストライター)
Q⇒P 周りから「作家」と認められること

反例が思いついた時点で、十分でも必要でもなくなります。
世の中、自分が定めた条件に合致しないものは、
たとえ十分、必要条件だとしても、違うのです。

では、これをひっくり返して考えてみます。
本来、十分でも必要条件でもないのに、
強引に必要十分条件に持っていく方法があります。

ただ、このやり方は反発も大きい。
突き通すには覚悟が必要になります。
その例として、中国の覇権主義を見ていきましょう。

 

中国の必要条件戦略

南沙諸島の争い

中国は南沙諸島や尖閣といった、領土(海、空)を主張しています。
最近はハワイ、そのうちヨーロッパやアメリカ合衆国に対し、
「中国の領土」と言うでしょう。

南沙諸島や尖閣において、
中国が領土を主張した理由は商売になるからです。
資源(海底油田)を独占すると、自由に価格を決めることができ、
うっはうはな状態になります。

さて、ここで本来は中国の領土でない部分。
それを強引に「中国の領土」とするところ。

すなわち「強引に必要条件に持っていく」状態です。
彼らが行っている戦略は

・情報戦略
⇒メディアを掌握し、中国を批判する報道はあまり流さない
(少しは流すところがポイント。
全く流さないとメディアや政府に対し、不信感しか抱かない)

・外交戦略
⇒敵である日本の弱体化を狙うため、海外の力を借りる
そのため、第二次大戦問題を持ち込み、情報戦略+賄賂を送る

・弱肉強食戦略
⇒弱いと判断したところは武力及び数の力で民族浄化を狙う
狙われたところは恐怖心、及び情報戦略によって
徐々に幅広い思考が失われ、ロボットになっていく

・スパイ戦略
⇒数人の「サクラ」を送り込み、
何も知らない人たちを集団で洗脳し、巻き込んでいく。

他にもあるでしょう。

 

必要条件は洗脳を招く?

洗脳をとく

洗脳も大方これと同じです。
情報を遮断し、幅広い思考をさせないこと。
疑った人を恐怖で処罰し、思考を固めさせる。

結果、目先のことしか考えられない人間が生み出され、
権力者の良き人形となっていくだけ。

日本という国は不思議なもので、
良い方も悪い方も取り入れる器があります。
(もちろん、どちら側に立っても言論で批判はされます。
ただ、武力による制圧はほとんどありません)

韓国では慰安婦に疑問を持つものは国内に入れない。
という法律ができるらしいです。
そこまでしないと行けないほど、
慰安婦戦略が崩れているということですね。

情報を遮断し、凝り固まったものしかいれない。
結果として、「無知」が生まれてしまうのです。

彼らが恐れていることは1つ。
情報に疑問を持ってしまうこと。

疑問を持つ方法は簡単です。
心に不満を抱えることです。

たいてい、間違っていると感じた場合、
心が働くのです。おかしい、違和感があるなあと。
その気持を権力者は恐れています。

違う情報を持った場合、
「よくも俺たちを洗脳したな」
反撃され、洗脳が崩壊するからです。

 

反例・必要十分を作る勇気

ダイヤ沢村のかお

そこで、反例を作る勇気が必要になります。
世の中は必要でも十分でもないことを、
強引に必要十分条件に持っていくか。

あるいは誰かによって必要十分条件になっている常識に対し、
強引に必要でも十分でもない状態に変えていくか。
わかり易い例として、お金の稼ぎ方があります。

お金は仕事をすることで、得ることができます。
これに納得している人は
「お金を得るために仕事をする」ことが必要十分条件になっています。

「仕事をする以外でお金を得るって方法はないの?」
現状に不満を抱くと、違和感に気づくようになります。
すると、仕事をしなくてもお金を得る方法を見つけてしまうのです。

例えば、お金持ちを説得してお金を引き出すこと。
あるいは宝くじに当たること……。
と、反例に気づき、行動する。

反対に自分が将来、こんなものをやっていきたい。
築いていきたいと思った場合、強引に必要十分条件へと変えます。

そのため、中国の戦略を利用して

・情報戦略
⇒自分の潜在意識を書き換える。
言葉を意識し、反対側の気持ちが出てきたら、
すかさず自分が書いた言葉を声にだして読み、黙らせる

・弱肉強食戦略
⇒身近に行動できる場所から行動していく
遠くよりまず目先の条件を確認する

・スパイ戦略
⇒自分の気持に共感する仲間と付き合い、
お互いに夢などを語り、
やりたいことから逃げさせないようにする
(自分を追い込む)

ただ、中国のように毎日ねちっこくやっていく必要があります。
それだけ、自分が抱えている情報、植え付けられた常識は強い。
強く、気持ちが弱ったところを狙って元に戻そうと働くのです。

 

終わりに

必要条件と十分条件の話を元に、考え方を変えるお話をしました。
中国の動向をみていると、ボロも出ているんだけど、
抑えている部分はきちんと抑えているため、強いなあと思います。

日本は平和に見えるけれど、実は戦時中だった。
気づいたら、今までどおりの生活ができなくなってしまうのです。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket